<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クルーズ後半

クルーズの続きを説明しましょう。

航海5日目はこの航海の中で一番北側にある、Skagwayと言う所に停泊した。ここでは実はいろいろ仕事を済ませたかったのでクルーズのツアーは予約せずに街におりてみた。

まずは洗濯(笑)今回のクルーズはなぜか船内のコインランドリーが使えないという事(どうも場所によって環境の事から洗濯機が使えないらしい)
それで、街のコインランドリーを探す事にした。まあ数枚の下着なのでカバンに押し込んで船を降りた。
何人かに聞いてコインランドリーの場所がわかったので行ってみると、隣に実に面白い店を見つけた。

店はすごい人だかりで更に店の外では皆が電話機を持って電話中なのだ、携帯とかではなく、普通のラインの電話、面白いことに電話機をひざにおいてラインを壁にあるジャックに差し込んで使っている。よく見ると道路側の外壁にジャックが10個ほど有った。
つまりこれはクルーズの中で働く船員の為に国際電話のサービスをしている店なのだ。
更に中に入ってみると、カップ麺が沢山有るのに驚いてよく見ると、店の棚が「フィリピン」、「インド」、「東ヨーロッパ」,「メキシコ」等と書かれてそれぞれにその地域のカップ麺や香辛料や何かが並んでいる、日本で言う醤油や七味、梅干し、お茶漬け海苔などが並んでいると言えばわかってもらえるだろうか。

いろんなビジネスが有るものだが、ほとんど地の果てのような所でこういう商売とは驚いた。つまりはクルーズの停泊する街には大抵こういうサービスが有るという事だろう。

その後、私もインターネットカフェを見つけてメールをコンピューターで受け取り、いくつか返事を書いた。
船に帰る途中小さな博物館が有ったのでよってみるとゴールドラッシュについての展示がしてあった。
なるほどこの街はゴールドラッシュで開拓された街だったのだ。文字通りの一攫千金を狙ってこの厳寒の地に入って行ったのだろう。展示物の中に政府が推薦する一年間の所持食料の説明があったが、塩豚何ポンド、小麦何ポンド、乾燥豆何ポンドと丁寧に書かれていた。これらを持って山の中に入って行ったわけだ。

次の日はSea Dayという事で、船の中でゆっくり過ごす、もちろんこういう日は必ず絵画オークションが有るので私も呼び出される、その上その前に船の真ん中にあるグランドステアーで、一緒に乗っている、ウォルフリドというアーティストとコラボでデモンストレーションをさせられた(笑)

最後の日はカナダのブリティッシュ・コロンビアにある、ビクトリアという街に夕方から停泊、夜遅くまで滞在した。
ちょっとヨーロピアンタッチな魅力あふれる街で、散歩に最適な港町だった。
歩いていると寿司屋が有って窓に日本語でキッチンアシスタント募集の張り紙が有った。
この街でぶらっと歩いている日本人がこの広告で働こうと思うのかと驚いた。
実はこの街では観光以上に、この事に感動した(笑)

その次の日に、シアトルからロサンゼルスに帰ってきて、このクルーズは終了。
[PR]
by nobuhaihara | 2008-09-28 02:36

お休みしてました。

すごく忙しくてブログの更新が出来なかった。
航海記録の続きをしなければと思いつつ、絵の制作に追われてました。

いくつか報告があります。
まず、来月にはまたクルーズです、今回は東南アジアという事でタイから出発、中国まで。
途中沖縄にも寄るし、ちょうど良い機会なので、日本にも帰る事にしてます。
この航海に出発する前にアラスカクルーズの報告を完成しなければ。

次に、もう来年のクルーズ予定もだされてしまった。
なんと地中海三昧、全部で3回の航海だが、そのうちの2回は同じ船にクルーズ2回を続けて乗るので3週間も船に乗りっぱなしということになる。
5月28日から6月21日まで、2回のクルーでいく都市はバルセロナ、モナコ、ピサ、ローマ、ナポリ、ベニス、ドブロヴニク、ギリシャ(ミコノス、アテネ、ロードス、サントリーニ)、トルコ(イスタンブールその他)、など。

以上簡単ですが、今後出来るだけ更新しますのでよろしく。
[PR]
by nobuhaihara | 2008-09-20 16:22