An Immigrant Girl's Journey

友人に頼まれショートフィルムのエキストラとして映画撮影に参加。
どうも超低予算の映画らしく、ほとんどゲリラ状態で撮影をする事に、私は何がなんやら解らないまま、監督に此所からここまで歩いて、むこうからやってくる、自転車タクシー?に乗ってくれと言われただけ。
映画の題名と設定から、どうも昔フィリピンから移民としてアメリカにやってきた女性の,昔を思い出すシーンではないかと思うが、それ以上はわからない。
役者は全部で8人ほどいたが、日本人は私だけ、その上フィリピン映画なのに監督は黒人でカメラマンの2人は白人。

撮影自体は30分ほどで終わり、終われば即解散というまあ、見事なゲリラ作戦でした(笑)
で、私の役ですが、横に若い女性を連れてその自転車タクシーに2人で乗って、その場を立ち去るという、なんか怪しげな中年男性???(笑)
しかしカメラの真横を通り抜けながらもカメラを見てはいけないというのはなかなか難しい。
ともあれ、私の記念すべき役者デビューという事でした。
[PR]
by nobuhaihara | 2007-12-20 18:12 | アクティング
<< ちょこっと デュークエリントン・ソサエティ >>